【保存版】ポルトガル移住「D7ビザ」の取得方法を徹底解説

家族でポルトガル移住 D7ビザ取得の方法を 詳しく公開!

公開日:2022年1月17日
更新日:2022年4月9日

はじめまして。

沖縄県宮古島在住の小林悠樹と申します。
2021年9月に家族3人分(私、妻、未就学児の息子)の
ポルトガルD7ビザ(長期在留査証)申請を行い、
2021年11月に無事、ビザを取得できました。

ちなみに、ポルトガルには一度も行ったことはありません。
(詳しくは、プロフィール紹介のところでご説明します)

ポルトガルD7ビザの実際の写真

そして、現在は2022年春の渡航に向け、絶賛準備中です。

【2022年4月9日追記】

4月6日に無事、ポルトガルに到着しました!!
引越しのコツや関税、陰性証明など、渡航に関する情報も追記予定です。

 

この記事では、
ポルトガルのビザ(D7ビザ)取得の流れや手順などを
詳しくまとめています。

【この記事でわかること】

・ポルトガルの長期在留査証(D7ビザ)の申請の流れがわかる

・おすすめの移民エージェントがわかる(超重要!)
・D7ビザの申請に必要な書類や手続きがわかる
・各書類を準備する際のポイントがわかる
・申請時の注意点がわかる
・準備から申請までのおおよそのスケジュールがわかる
・ポルトガル移住の費用がわかる
・ビザ取得後の流れがわかる

私自身、ポルトガル移住に関する
情報収集には大変苦労しました。

なぜなら、ポルトガル移住に関する情報は、
ネット上にもほとんど存在しないからです。

本記事に記載している内容は、
ネット検索、電話、
メール、Webサイトからの問い合わせなど、
考えられるすべての方法を駆使して
自分で集めた情報です。

おそらく、情報収集にかけた時間は、
全部で200時間は優に超えていると思います。

すべてがわからないことだらけなので、
1つの作業を進めては調べ、
1つの作業を進めては調べの繰り返し。

なので、
これだけ詳細に
ポルトガルビザ取得の手順をまとめているものは
ウェブサイトでも書籍でもほとんどありません。

本記事は、
全部で15,000字を超えるボリュームです。
決して安くはない金額ですが、
本気でポルトガル移住を考えている方にとっては、
十分に価値がある内容です。

購入者様特典として、
ポルトガルのD7ビザに関する

メール相談も可能です。
私のわかる範囲でいろいろと回答させていただきます。

なお、一定部数に達し次第、
予告なく削除もしくは金額を変更させていただく

可能性がございます。
「ポルトガルに移住したい」
「ポルトガルに興味がある」という方は
お早めにご購入ください。

【この記事はこんな方におすすめ】

・ポルトガルのD7ビザ(長期在留査証)の申請方法を詳しく知りたい

・おすすめのポルトガルの移民エージェントを知りたい
・フリーランスとしてポルトガルに移住したい

・子ども連れでポルトガルに移住したい
・多額の貯金があるわけではないので、移住にかかる費用をできるだけ抑えたい
・自分で情報収集するのが苦手な方
・情報収集を行う時間がない方

もちろん、目に見えない情報に投資するのは、
ハードルが高い決断です。

ですので私としては、
納得してからご購入いただきたいと考えています。

もし購入を躊躇されている方は、
以下のメールアドレスに本記事について質問を
お送りいただけばそれに対して返答をさせていただきます。
izyu.inquiry@gmail.com

【備考】
※本記事で記載している内容はすべてビザ申請時点、
もしくは執筆時点のものとなります。
制度や金額などはその後変更されている
可能性がありますので、ご了承ください。
※本記事に記載されている内容は
情報の提供のみを目的としております。
ビザ取得を保証するものではありませんので、
最終的には読者様ご自身の責任と判断にて
移住準備をお進めください。

本記事(ポルトガルD7ビザに関する記事)について

記事タイトル ポルトガル移住|D7ビザ取得の方法を詳しく公開!
料金 35,000円(税込)
お支払方法原則、 クレジットカードのみ
(クレジットカードをお持ちでない方は、銀行振り込みで可)

※銀行振り込みをご希望の方は
以下メールアドレスにご一報ください。
支払い方法をご案内させていただきます。

izyu.inquiry@gmail.com

D7ビザに関する有料記事 目次(概略版)

1.はじめに

2. 私の簡単なプロフィール

3.【実体験】計画からビザ取得までのスケジュール

【トピックス】
・海外移住を考え始めたところから、ポルトガルD7ビザ取得、渡航までのプロセス概略を簡潔にまとめています。

4.ポルトガルのビザの種類

【トピックス】
・ポルトガルの在留査証(ビザ)の種類一覧を紹介しています。

5.ポルトガルD7ビザの収入要件

【トピックス】
・私が取得したポルトガルD7ビザの具体的な収入要件を紹介しています。

6.ポルトガルのD7ビザ申請でまずやるべき2つのこと

【トピックス】
・ポルトガルD7ビザの取得を考える際、まずやるべきことは大きく2点。
・この2点を抑えておくことがとても重要です。

7.D7ビザ取得は現地の移民エージェントを利用するのが近道

【トピックス】
・ポルトガルD7ビザを取得するときには移民エージェントが力強い味方になってくれます

8.私が契約した移民エージェント

【トピックス】
・私が利用している移民エージェントを紹介しています。(←超重要)
・サービスが充実しており、なおかつ安価なのでとてもおすすめです。

9.実際に問い合わせを行った移民エージェント

【トピックス】
・私が問い合わせをした移民エージェント8社を一覧で紹介しています。

10.【重要】ポルトガルD7ビザ取得の資料準備(一つひとつ丁寧に解説)

【トピックス】
・ポルトガルのD7ビザ取得に必要な書類を一覧でまとめています。
・これをもとに申請への準備を進めていきます。
・本章では、各必要書類について小見出しを立てて詳しく解説しています。

11.書類のフォーマットをどうするのか問題

【トピックス】
・書類準備の際にぶちあたる障壁のひとつです。
・考え方や私の例を紹介しています。

12.文書の翻訳をどうするのか問題

【トピックス】
・英語が得意ではないという方(私も含めて)に向けて、文書の翻訳をどのように進めていけばいいのかを解説しています。

13.【まとめ】準備から申請までのD7ビザ取得の流れ(ガントチャート)

【トピックス】
・最後にここまでの流れをもう一度まとめています。
・ガントチャートとしてまとめているので、「申請から〇ヵ月前には何をすべきか」が一目でわかります。

14.準備から申請までにかかったD7ビザ取得費用(項目別に公開)

【トピックス】
・私の場合、D7ビザ取得までにかかった費用は100万円未満でした。
・費目別に表でまとめています。
・「いいエージェントに出会えた」「できることは自分でやった」などのことが功を奏しました。

15.ポルトガルD7ビザ申請時の注意点

16.D7ビザの許可が下りた後の流れ

【トピックス】
・無事、D7ビザが下りた後のすべきことです。
・D7ビザ取得後も意外とやることは多く、タイムリミットもあるので効率よく物事を進めていかなければなりません。

17.ポルトガルのD7ビザ取得に役立つおすすめサイト

【トピックス】
・ポルトガル移住の際に参考になるサイトをまとめています。

購入者特典!メール相談を受け付けています

※本編ではさらに細かな目次構成になっています。

【ポルトガルD7】私の簡単なプロフィール

現在33歳の私は、もともと新卒で冷凍食品メーカーの営業していました。東京、広島で勤務した後、2016年に脱サラ。同年に、家族(妻と息子)で沖縄県宮古島へと移住しました。宮古島ではフリーライターとして働いており、すべてリモートワークでクライアントとのやりとりをしています。

ライターとしては「移住」にまつわる書籍や記事を多数執筆しています。

たとえば、ライターマガジンという専門誌で、「フリーライター移住計画」を連載中。これまでの経験がそのまま仕事につながっています。

フリーライター移住計画 ポルトガルD7ビザ
フリーライター移住計画 ポルトガルD7ビザ

宮古島での生活も落ち着いてきた2017年。もともと海外への興味があり、次の移住先として海外を考えるようになります。「海外 おすすめ移住先」「海外移住 仕事」「海外移住 フリーランス」など、ネットで調べはじめたのもこの頃。2018年には視察と銘打って、チェコ・プラハへ旅行。それ以降、「ヨーロッパに住んでみたい!」と本気で考えるようになりました。

そして、各国のビザ制度をいろいろリサーチ。ヨーロッパ主要国のほとんどのビザ制度を調べました。ちなみに、ポルトガル以外だと、「チェコ」「ハンガリー」「クロアチア」「オランダ」「ドイツ」「オーストリア」なども可能性がゼロではなさそうだなと感じました(これらの国は突っ込んで調べていないので、あくまで参考程度です)。

そしてそのなかで、ポルトガルのビザが取得できそうだということがわかり、2020年4月にポルトガルへの長期滞在(3か月ほど)を計画します。航空券まで予約したのですが、ご存じの通り新型コロナウィルスの蔓延によりあえなく断念。

ただそれでも海外移住への思いは消えることなく、2021年の初頭に「ポルトガルに行ったことがないけど移住する」と決意しました。

大使館の方には、「ポルトガルに行ったこともないのに大丈夫か?」と電話で難色を示されましたが、ポルトガルへの想いをこんこんと説明してなんとか押し通しました。

そこからは行動あるのみ。リサーチや家族会議を重ね、2021年5月にポルトガルの移民エージェントと契約。ビザ申請の書類を準備しはじめました。実際に準備をはじめてから、申請まではおよそ7ヶ月。申請後、約2ヶ月でビザの許可が無事下りました。

ちなみに、私の英語力はというと、恥ずかしながら多めに見積もっても旅行英語レベルです(TOEICでいうとおそらく700点に届かないレベル)。妻も同じくらいなので、現地ではかなり苦労することを覚悟しています。

この記事は有料記事です。以下からお支払いいただくと、続きをご覧いただけます。